下肢補強

バーベルスキップ

ウェイトのシャフト(10kg)に重りをつけて、スキップをします。

動きながら負荷をかけることが目的ですから、重りを付ける場合は軽めの重さにしましょう。私が指導する場合は、高校女子ならば、2.5kgプレートを加えるか、シャフトのみで行うことが多いです。

負荷がかかった状態でスキップをすることで、踏切時のタイミングなどの練習をすることができます。タイミングが合っていれば体は浮きますし、しっかり乗り込めなければ、うまく体を浮かすことができません。

背中が丸くなっていると腰を痛めやすいです。補強ベルトを巻くと良いでしょう。体の軸を大切にして、トレーニングをしてください。

シャフトと肩が触れている部分が痛くなりますので、シャフトガードなどを使用すると、痛くないです。ない場合は、厚手の布をシャフトに巻きましょう