ハードルを使ったトレーニング

ハードルを使ったトレーニング

ジャンプ系のトレーニングをどんどんしましょう。筋肉の収縮活動が少なく、大きな力を生み出す「アイソメトリック系」のトレーニングは跳躍選手にとって大切です。

接地のタイミングや体軸を意識すると、技術が飛躍的に向上します。

ハードルジャンプ

ハードルを使って、ジャンプトレーニングをしてみましょう

○両足でハードルジャンプ(同じ高さ)

連続で跳べるようにしましょう

引退して10年以上たったジャンプですから、とても危なっかしいジャンプになりました。昔はハイハードルで10台分いけたのですが・・・

○両足でハードルジャンプ(徐々に高く)

○片足でハードルジャンプ

無理をせず、怪我をしないように気をつけましょう。

恐怖心がある場合は、ハードルハードルの間にゴムひもなどを結び、足に引っかかっても危なくないようにするのも一つの方法です。